幼稚園案内

本園は、昭和43年に故和地俊治が創立し、初代・木下多喜子園長、2代目和地米司園長の努力と経験により現在の幼稚園の基礎ができ現和地俊幸園長に至っております。

閑静な自然に恵まれた広さ随一の園庭、園舎北側には駐車場があり、 また芝生や畑ではじゃが芋・さつま芋掘り、みかん狩り等豊かな自然の恵みがあり、 土に親しみ四季を通して子ども達が自然とのふれあいを大切に出来るようになっております。

また、震災時などの非常時には避難場所となる安全な環境でもあります。保育室等は、子ども達がのびのびと 生活できるようにゆとりをもたせております。

けやき幼稚園の保育士さんメッセージ

けやき幼稚園の教育目標 けやき幼稚園の教育目標

のびのび明るい 元気な子の育成

一人一人のお子様が一生で一度しかない大切な幼児期に際して、
私達にできるベストを尽くして保育とお世話をさせていただきます。
そして、幼児期に一番大切な本園の教育を達成する為に日々努力してまいります。

  • 身体づくりの為に運動に励む
  • 友達をみとめ合い何事も一緒にする楽しさを知る
  • いろいろなもので自分を充実表現する
  • 基本的な生活習慣を身につける

幼稚園教育とは

幼稚園教育とは

【健康】
先生や友達と触れ合い、戸外で明るくのびのび遊び、健康な生活リズムを身につける。
身の回りを清潔にし、食事、排泄など生活に必要な活動を自分でする。
危険な場所、危険な遊び方、災害時などの行動の仕方が分かり、安全に気をつける行動をする。
【人間関係】
幼児が喜んで登園し、先生や友達と積極的にかかわりながら喜びや悲しみを共感し、幼稚園を通して親しむ。
自分で出来る事は自分でし、自分で考え、自分で行動する。
友達との係りの中で言ってはいけない事やしていけないことがあることを学ぶ。
共同の遊具を大切にし、みんなで使う。
【環境】
自然にふれて生活し、その大きさ、美しさ、不思議さなどに気付く。
身近な動物に親しみを持って接し、いたわりを大切にする。
遊具や用具の仕組みに関心を持つ。
【言葉】
先生や友人の言葉や話に興味を持ったり、したこと、見たこと、聞いたこと、感じたことなどを自分なり言葉で表現する。
親しみをもって日常のあいさつをする。
生活の中で言葉の楽しさや美しさに気付く。
絵本や物語などに親しみ、興味をもって聞き、想像する楽しさを味わおう。
日常生活に必要な簡単な標識や文字などに関心をもつ。
【表現】
生活の中で様々な音、色、形、手触り、動きなどを気付いたり楽しんだりする。
音楽に親しみ、歌を歌ったり簡単なリズム楽器を使ったりする楽しさを味わう。
書いたり、作ったり、描いたりすることを楽しみ、遊びに使ったりする。
自分のイメージを動きや言葉などを表現し、演じて遊ぶ楽しさを味わう。
ページトップへ